Archive

Giuseppe Rinaldi

2017年4月10日 - 11:18 AM

ジュゼッペ リナルディ
バローロ各種
最近入手しづらいですが、複数ヴィンテージ取り揃えております.

La Castellada

2017年4月4日 - 5:52 PM

【mondoのセラーから】
フリウリヴェネツィアジューリアの
La Castelladaのワインが
白赤共に複数ヴィンテージ入荷いたしました。
グラスでもご提供してまいります。
mondo
03-3725-6292

Capovilla

2017年4月3日 - 7:42 PM

Capovilla のグラッパ、各種入荷いたしました。

Brnello di Montalcino Old Vintage offer

2017年4月1日 - 5:01 PM

【mondoのセラーから】
トスカーナ地方ブルネッロディモンタルチーノの古酒が入荷致しました。
モンタルチーノのレストランの閉店にあたって買い付けたワイン達です。
La Gerla05
Canalicchio83,93
Gorelli91
ご興味ある方是非‼️
中勢以熟成肉や、熊本の赤牛などとピッタリでは?
mondo
03-3725-6292
https://yoyaku.toreta.in/ristorante-mondo/

3.11を忘れないように・・

2017年3月9日 - 2:35 PM

今年もこの2本を3月11日19:00よりご提供いたします。
2011年3月11日のつらい出来事があったこと。
必死に人のためになろうと思ったこと
必死に生き続けようと持ったこと。
忘れないように。。

この二つワインの発起人仙台のBatonsの板垣さんの
このワインの誕生秘話、この二つのワインにかける思いを
以下に張り付けておきます。

尚、兄弟店faloにて、バックヴィンテージを含めてご用意いたします。
数量に限りがあります。ご了承くださいませ。
falo 03-6455-0206

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2つのワインについて。
2011年9月東日本大震災の後、インポーターヴァンクゥールの村木さんと私二人でフランスの生産者を回った際、ロワールの『クロ・デュ・ティエブッフ』『ティエリーピュズラ』を訪問しました。どの生産者を周っても仙台から来たと話すと皆、ため息。。大丈夫か?と口を揃えて話をしてくれました。
震災後の私が行っていた炊き出しでの資金を、義援ワインという形で支援してくれていた生産者へ(私が自然派ワインのショップをオープンしたのはその造り手さんたちを伝えていきたかったからです。)の感謝の気持ちを兼ねての訪問だったので現状報告など。。。
ティエリーたちも同様にワインの話と震災の話をしながら半日の訪問。
夜はティエリーの奥さんが経営するお店で食事だったのですが、ティエリーは子供の世話があるため、ピエール・オリヴィエ・ボノームとの3人での食事になりました。沢山のワインをテイステイングしながら『あるワイン』の話に。
『K.O』。日本にも輸入されていたワインでしたが、「2012年から日本への出荷がなくなったんだ。。。」「このワインを東北のためにつかえないかなぁ」「ティエリーにも話をするから。。」と。
そして半年後そのワインは『キュヴェ東北』という名前で日本にやってくることが決定しました。
東北限定で販売するワインとして。。。エチケットはピエロ(ピエール)とティエリーが書いてくれて。
2012年・2013年は解禁日を設定することなく秋に日本に入荷。私が交流のある東北の酒販店さんで販売していただきました。(当時私は飲食店でしたので販売はしていませんでした。)
そして、2014年の3月11日私は大阪のワインショップフジマルで初めて全国一斉抜栓という形で『キュヴェ東北』を提供することに。。。フジマル醸造所の藤丸くんは阪神大震災を経験し、東日本大震災の後「みんなの気持ちが風化していかないように、ワインで日本を一つにしたいんだ」と熱く私に話をしてくれて、ワインが持つ特別な力で日本を一つにつなげる。そのワインが『キュヴェ東北』であるべきじゃないのか。。。
毎年3月11日は仙台にいようと思っていましたが、2014年は大阪で迎えました。
解禁日を決めて『キュヴェ東北』を提供する企画が始まったのも束の間。
フランスから2015年に日本に送る分のワインができなかった。。とピエロからの連絡。。。自然を相手にしているワインですから。。。。でも。。。せっかくスタートしたこの企画が頓挫してしまうと落ち込んでいた時、仙台で開催された『日本ワイン コップの会』の打ち上げで「本当に東北でワインを造ってリリースをしたらいいんじゃない!?」と岩手紫波の佐藤くんが冗談半分に話をしました。『誰しもが納得するワインは誰が醸造すればいいの?』『やっぱり。。。典子さん(タケダワイナリー)じゃない。。』その場では冗談ごとの話で終わったのですが。どうしてもこの企画を続けていきたかった私は、タケダワイナリーで典子さんに直談判。*ブドウの確保 *東北各地のブドウを1日で収穫&醸造 と、不安要素が多いにもかかわらず快諾。2014年から『ヴァンドミチノク』の企画がスタートすることになりました。
2015年の3月11日『ヴァンドミチノク』リリース。
2016年の3月11日『ヴァンドミチノク』『キュヴェ東北』同時リリース。
そして、今年も『ヴァンドミチノク』『キュヴェ東北』を同時リリースさせていただけることになりました。
『ヴァンドミチノク』
東北6県のブドウを混醸。マスカットベイリーA主体。毎年ブドウのみで酵母・SO2の添加なしで醸造していましたが、2015年は、台風後の収穫でのブドウの状態から野生酵母での醸造を断念。酵母を添加しての醸造となりました。
今年で3年目。
発起人としてのプレッシャーもありますが、東北の仲間たちと造り上げたこのワインが皆様に届きますように。
3月11日19:00日本がワインで繋がりますよう。

Massavecchia

2017年2月24日 - 12:19 PM

マッサベッキアの新ヴィンテージが入荷しました!
2014年が難しい年であったことと、近年の人気により当店の入荷も最小限…
こちらは暫く休ませ、
バックヴィンテージをグラス売りで若干リリース致します

Rosso della Castellada

2017年2月17日 - 6:33 PM

【自由が丘閑静な住宅街奥ひっそり佇む一軒家イタリアンmondo】
03-3725-6292
https://yoyaku.toreta.in/ristorante-mondo/

La Castellda のRosso della Castellda03,06入荷致しました!
mondoでは珍しくバーティカルに揃えているアイテムです。
他に、99,00,05もオンリストしてます。

barolo

2017年2月10日 - 8:00 PM

自由が丘閑静な住宅街奥ひっそり佇む一軒家イタリアンmondo】
03-3725-6292
https://yoyaku.toreta.in/ristorante-mondo/
8年間で大分バローロが溜まってきました。
1962から各種取り揃えております,
ご興味ある方是非。

料理とワインの相性??

2016年11月5日 - 12:11 PM

ワインとお料理とのアヴィナメント(マリアージュ)について。

ある程度日本にワインというものが浸透し(販売量は横ばいという説もありますが…).カルチャースクールやワイン学校にて勉強される方も増えて、料理とワインのアヴィナメントを楽しまれる方も増えてまいりました。
mondoでも、私にお任せ頂き、ワインと宮木の作り出す料理の相乗効果を楽しみにされる方がほとんどです。
そこで、お任せいただいた場合のmondoのアヴィナメントの特色は、
料理とワインの最初の一口での相性というよりは、相互の余韻による相乗効果を重要視しているところでしょうか。
良い素材良いワインとは、口に入れたあと、それぞれに共鳴し、新たな味わいや高め合いをかんじれます。
その、なんというんでしょうか、コラボ感見たいのを楽しんでいただければなーと思っています。
混じり合い味わいがひろがるかんじ、太くなる感じ、
そんな体験をしていただけるよう、日々向き合っております。
でも、最高な味わいを感じていただけるには、
皆様の好きなワインを見つけていただくことも大事です。
そんなお手伝いも出来ればなーと、思ったりもしています。

mondo

03-3725-6292

https://yoyaku.toreta.in/ristorante-mondo/

mondoのワイン

2016年10月31日 - 1:10 PM

mondoのワイン

よく、mondoさんのワインは自然派が多いのですか?このワインはビオですか…?と聞かれることがおおいですが、何々派とか、ビオでなければいけないとか、特に括りはありません。
現在のワインリストはソムリエ田村がイタリア業界に携わり始めた20年前位から、慣れ親しんだ銘柄が主体になってます。
その頃出会ったワインが今で言う、自然派なるいうカテゴリーに属するものなんでしょう。
mondoは席数10席の小さなレストランです。
小さいレストランだからといって、美味しい料理の最大のパートナーになるワインの種類が少ないとなってしまうのは非常にもったいないなーと思い、随時10種位はグラスワインを用意しております。
10席の小さなレストランで10種のグラスワインを無駄にする事なくお出しするには、味わいは勿論、抜栓してからのモチが良いことが最必須条件になります。
開けた瞬間がピークとなると、ワインが良い状態で常に提供するのは困難です。
勿論開けたて全然味が出てない場合もあります。
そんな時は抜栓後味が出てくるまで提供を待つ場合もあります。
mondoのコースは6〜7種の料理が随時でてまいります。(シェフ渾身のコースメニューのみとなります。)そのコースの皿一つ一つにワインを合わせるのか?コースで2種位で通すのか?
お客様の自由です。
是非ソムリエにご相談ください‼️
ボトルワインも300種程ご用意してます。
味わい、年代、品種、勿論お値段も…
幅広く取り揃えております。

是非、ワインリストもご覧になってみてください、
(グラスワインはその日のワインコンディションにより決めますので特にリスト化はしておりません…)

秋も深まり、ワインを欲する機会も増えてまいります。
皆様の美味しい食卓のプロデュース
お任せくださいませ‼️

mondo
03-3725-6292
http://ristorante-mondo.com
インターネット予約は…https://yoyaku.toreta.in/ristorante-mondo/%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5