Posted in ワイン 営業案内

mondoのワイン11

2018年10月19日 - 5:19 PM

mondoのワイン11
オールドヴィンテージワイン
今回は特定の作り手ではなく、
長い熟成を経たワインを。
度々ワインのことを書くときに(考えるときに…)世の中にあるお酒の中で、こんなに長い時間軸を持って楽しまれるお酒は無いよなー…と思っています。
先だってロマネコンティの1945年が天文学的値段で落札されたと報道されていました。
73年前です。
僕の父とほぼ同じ歳です。
終戦の年です。
勿論これは、特例中の特例ですが…
自分達よりも色々な時間を経て来たわけです。
勿論ワイン以外も長い年月をかけて経て楽しまれるお酒はいくつかあるのでしょう。
ただ、頑張れば僕たちにでも手に入るというのはなかなかないのでは。
mondoをご利用頂くお客さんはやはり、誕生日、結婚記念日等々、
ご自身たちの大事な記念日にご利用頂くことが多いです。
ご自身たちの結婚当初を思い出しながら
そのヴィンテージを
大事なお連れ様のバースデイヴィンテージを
産んで下さったご両親に感謝しながら…
お子さんの生まれ年
お孫さんも
オールドヴィンテージだからこそより香り高くいただける白トリュフの便りもチラホラ聴こえてまいりました。
長い年月をかけて成長し、熟し
いつしか我々の血肉となっていくワイン。
味わいも勿論ですが
歴史というエッセンスを携えたものも、
mondoのセラーで出番を待っています。
長い熟成をするのがマストというわけではありません。
フレッシュで若々しいワインも勿論魅力です。
また、そんなフレッシュなワインが成長(熟成)していくこと、させていくこと、次の世代に繋げていくことも僕達の大事なミッションではないかと…

Comments are closed at this time.