Posted in ワイン 営業案内

mondoのワイン12

2018年10月29日 - 7:09 PM

mondoのワイン12
バルベーラという葡萄を一言でいうと?
という質問が一番困る…
そして、とある2つの生産者を知るまで苦手だった。
1つが、Az.Agr.Trinchero、
もう一つがCase Corini (実は一番最初は苦手だった…何故かはお店でお伝え致します。)
この2つのワイナリーは常にmondoのワインリストにオンリストされてます。
取り合いになっても
必ず1本は確保するため頑張ってます。
何故苦手だったかというネガティブな話は割愛し。
バルベーラという葡萄は比較的広範囲で栽培されその土地で色々な個性を発揮している葡萄ではないかと。
要するに、その生産者がどのようにワイン造りに向き合っているか?
どのように自分達の土地を映し出しているかが、顕著に見られるような気がします。
基本mondoでは、バローロを作り出している生産者のBarbera d’Albaがワインリストの多くを占めています。
そして、その土地をどのように表現しているかを見る為、ある一種を除いてバリックを使ったものは除いています。
そしてバルベーラが素晴らしい表現をしている生産者がいいバローロを作っているのでは?という仮説の元その年に購入するバローロを決めてます。
さて、ピエモンテ地方以外のバルベーラも少しずつ探していこうかなと…。

Comments are closed at this time.