Posted in ワイン 営業案内

mondoのワイン 13

2018年11月2日 - 10:10 AM

mondoのワイン13
バローロ
イタリアワインをかじった方なら皆さんご承知の北イタリアピエモンテ地方のネッビオーロ種より作られるイタリアを代表する長命なワイン。
フランスワインから入った僕には、フランスワインには全くない個性を持ったワインだなーと。
若いうちは色は明るく濃さもそんなに感じず…
イタリア料理転向当初、バローロボーイズなる動きがあり、新樽使用やより凝縮度を求めて醸造する作り手がでてきたが、本流ではありませんでした。
今、mondoのセラーには1960年代から最新リリースのものまでバローロが約60アイテムあります。
ワインの魅力、長い時間軸で楽しめるお酒というところ。
まさにその魅力の可能性を多く持っているワインです。
勿論、バローロ以外にも熟成の可能性を持ったワインはイタリアには沢山あるでしょう。
ただ、約20年前にとある方の誕生日で抜栓されたAldo ConternoのBarolo Granbussia’71
そして、その前後に飲んだ、Giuseppe Mascarello Barolo Monprivato’90の印象が忘れられなく、
その印象に辿り着く為にはやはり時間が必要なんだ!
そう思いBaroloは気になる生産者は余裕ある時は新たにmondoのセラーに足していってます。
決して安いワインではありませんが、
これから年末に向けて
そんな長い年月を経たワインにピッタリな、素材が次々出てまいります。
是非それらと一緒にお楽しみ頂ければと思います。
補足)仲良くさせていただいている弘前のサスィーノの笹森さんや、以前faloで働いてくれた広瀬力君のご実家のワイナリーも近年ネッビオーロのワインを作り始めています。
バローロのように長い時間軸を持って楽しめるワインになればいいなーと思っております。
mondo
03-3725-6292
https://yoyaku.toreta.in/ristorante-mondo/

Comments are closed at this time.